妊娠

2010年1月22日 (金)

健診に出かけました

 1月に入り、臨月をむかえ、毎週木曜日は健診の日です。

 昨日も出かけました。こんな状態で、車運転するのもどうかなぁ・・・と思いつつも、天気が悪く、つい、車運転してしまいました。家から歩いても15分もかからないくらいなんですけども、お腹がすごくはるため、動くと痛くてたまらないためです。

 まずは、NTS(ノンストレステスト)。簡単にいうと、赤ちゃんの状態やおなかのはりをみる検査なんですが、おなかは、やはり4~5分おきにはっていました。でも、赤ちゃんは、元気なので、問題なし。

 次に内診を受けました。随分と赤ちゃんは下がってきているようでしたが、思いのほか、出口が硬かったので、入院を免れることができました。

 最後にエコー。体重も、2600グラムくらいになっているような感じで、もう、いつ生まれても大丈夫とのお墨付きをいただきました。ゆうたんの時と体重の推計値は同じ感じなんですが、ゆうたんは、生まれたら3600グラムを超える大きな子で、相当難産だった。
 先生に尋ねると、今回は、そんなに大きくなさそうだし、ゆうたんの時で、道ができあがつているので、多分安産だよ~と一言。

 信じたいけど、前回も体重コントロールきちんとしていたのに、難産で大きな子に育ってしまってたので、すごく心配です。今度は、ゆうたんも立ち会う予定なんで、できるだけ短時間で安産といきたいところなんですけど、どうなるんでしょうか・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

絶対安静

 暫く、ブログの更新ができなかったのは、お腹の張りがものすごい状態となって、早産の恐れがあったため、ドクターから絶対安静という指示があったためです。そのため、トイレや食事といった以外は、基本的には、寝ている生活で・・・。

 といいつつも、実は禁を破って、ちょっと買い物に出かけたりはしちゃいましたが、それでも、基本的には言いつけをまもって大人しくしておりました。

 先日病院にいって、ドクターから、『よくもったねぇ~』との言葉をもらいました。本当に危なかったようです。
やっと、早産じゃない状態となったため、動き回っていい許可がでて、はりどめの薬も飲まなくてもいい状態となりました。でも、正直いって、まだ、生まれてほしくない。助産師さんも、今週の木曜日くらいまでは、まだ、生まない方が・・・と言っていたし。ただ、お腹の子が騒ぎ出したら、仕方ないです。

 絶対安静中、ゆうたん、大変でした。心配してくれていたんだと思いますが、私と一緒に寝てくれて・・・結局、おなか蹴飛ばされてつらかったんですけど。しかも、おもらししたり・・・、やっぱり寂しいんでしょうね。

 あと少しの間ですが、動いてもいい許可がでたので、ゆうたんしっかり構ってやりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

妊娠9か月突入

 ここのところ、ずっと仕事が忙しく、土日は疲れ果てて・・・という状態が続いて、気がつけば、妊娠9か月に突入しておりました。早く、産休取得したい・・・。

 お腹は本当に臨月並みで、お腹がとてもはりやすい状態です。先週の木曜日、検診に出かけたところ、あまりにはりやすいので、張り止めの薬(ウテメリン)をもらいました。薬の副作用なのか、少し動悸がします。それに気分が悪いです・・・。
 仕事がひと段落したので、今日は年休をとって、自宅でゆっくり過ごしています。

 ゆうたんを妊娠中も、よくお腹がはっていたようですが、その頃はよくはる・・・という感覚がよく分からなかったのですが、今回の方が歩くのがきつくなることもあるし、1時間に5回くらいはることがあるので、重いようです。ゆうたんのときも、はりどめの薬飲んでいましたが、今回の方がつらいです。同じ妊娠でも、本当に、全然違うようですね。

 ただ、お腹の子は、ゆうたんよりもノンビリしている感じです。ゆうたんは、お腹にいる頃から、少し神経質なところもありましたが、お腹の子は何故かマイペース。多分、私自身が二人目ということもあって、お気楽になっていることもあるのかも。

 逆子問題は、どうやら解決したようで、最近は、胎動もへそより上ばかり感じています。それに、しゃっくりをよくするようになりました。ゆうたんを妊娠していたときよりは、まだまだ回数は少ないですが・・・。

 今日は、とりあえず、のんびりしながら、部屋を片付けたり、出産の準備をしたり・・・する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月 6日 (日)

胎児とのコミュニケーション

 逆子と診察されてから、今まで以上にお腹の子によく話しかけるようにしてみました。つれあいには、お風呂でぶつぶつ話しかけている様子をみられ、少し不気味がられていますが・・・。

 逆子と診察されて、3、4日経過後の出来事です。真面目に逆子体操していました。というのは、明らかに、逆子の状態と分かる様子だったためなんですけど。段々私もきついと感じはじめ、ストレスになるくらいなら、やめようかな・・・と思い始めていました。(胎児のいない方向である右側を下にして寝るだけでも効果あるという話もあるので)

 夜中3時半くらいに、何となく、ゆうたんに、『ママ』といわれたような気がして、ゆうたんの方に向かって寝返りをうって、暫くゆうたんを抱っこしていました。そろそろ大丈夫と感じはじめた頃、お腹の子がトントンと蹴っていました。やっぱり逆子の状態と認識・・・。で、気のせいかもしれませんが、『今、寝返りうって・・・』といわれたような気がしたので、勢いをつけて寝返りをうったところ、コロンと胎児が動いた感じがありました。そして、胃を見事蹴ってくれていましたsign03

 どうやら、ゆうたんと胎児の共同作業sign02によって、逆子が治ったようでした。
 この後、何度か、逆子状態になることもありましたが、基本的には、正しい状態に戻るようになったような・・・。本当に、夜中、よく動き回っています。お風呂で話しかけながら、『ここをキックして・・』というとキックしてくれるようにもなってきました。キック遊び楽しめるようになりました。

 逆子状態になったのは、お腹の子から、もっと構ってという合図だったのかもしれません。多分必要がないので、逆子体操は、もうやっていません。
 本当は今、仕事が忙しいのですが、時間の合間にできるだけ、話しかけるようにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

二人目にして初体験

 この前の木曜日、妊婦検診にでかけました。仕事が忙しく、16時過ぎに無理やり休んででかけたのですが、出産が入ったようで、60分待ちという表示が・・・。

 結局自宅に戻ったのは、19時過ぎになってしまいました。そうなったのは、先生の待ち時間だけでなく、私にとって初体験があったからなんですが。

 実は、検診の一週間程前から、何となく、調子が悪かったんです。お腹が張りやすく、何となく胎動の場所がおかしいとは感じていました。時々、膀胱あたりに強烈な痛み・・・。今まで、胃に感じていたものが膀胱に感じ始め・・。ただ、私自身確信が持てませんでした。

 随分、待たされて、エコー検診を受けたところ、『あれ、お尻が下にきているね。逆子になっていますねぇ。』と。たしかに、エコーでみると見事にお尻がどかっと下にありました。
 お腹の張り等もあったため、経膣超音波検査も受けました。子宮頚管(産道の距離のようなものです)を測ると、ギリギリ正常値といわれ、お腹の張りが今以上にひどくなったら、すぐに病院にくるよう指示されました。基本的には、あまり無理しないようにと指導されました。こんな指導を受けたのも、初体験です。母子手帳にしっかりと記載されてしまいました。

 それから、無理しない程度に逆子体操をするようにといわれ、やり方を助産師さんに教えてもらいました。

 この逆子体操、やってみると実にきついです。胸膝位という体制をとるのですが、なかなか、妊婦にはハードでして。
 参考までに、こんな感じです。四つんばいになり、顔と胸を床につけ、お尻はできるだけ高く上げ、・5~15分間、この姿勢のまま静止。・最後に赤ちゃんの背中が上になるよう、横向きに寝て、20分間。(私の場合は、右向き。)

 ここ数日試していますが、まだ、完全には逆子治っていない感じです。お腹の子には、頭はこっちだよ・・・と毎日声かけしてみていますが、お尻を下にしている方が心地よいのかな。
 とりあえず、あまり期待しないで、逆子体操やってみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

働くママとパパのための教室

 暫く、職場で忙しくまた、研修にもでかけていたため、ブログの更新ができませんでした。でもでも、日々いろいろとありまして・・・

 自治体で主催されて母親教室の場合、パパは参加できない、しかも平日に開催されていて、ママはフルタイムで勤務していると参加できない、そんな感じのところもあるようです。幸い、私の住むところでは、共稼ぎ夫婦を対象としたマタニティー教室をしてくれています。

 ただ、激戦なので、すばやく申し込んでおかないと、間に合わないなんてことがよくあります。ゆうたんで経験していても記憶なんて吹き飛んでいるので、申し込んで、昨日受けてきました。

 ゆうたんは、私の実家にあずけました。ゆうたん、私の実家で遊ぶのが大好きだからです。

 私たちは、午前中ドタバタとゆうたんの予防接種やら買い物やら忙しく片付けて出かけました。

 参加してみると・・・いろんな年齢層の方々が。ほとんどが初産婦のようでした。食事のポイントや新生児の特徴、お産の流れ、呼吸法、そしてお風呂の実践となかなか盛りだくさんの教室でした。

03original  お風呂の実習、つれあいが実践してみたのですが、ついつい、ゆうたんをいれるような調子で少々手荒かったため、保健師さんに怒られていました。ただ、抱き方は、慣れているため、褒められておりました。
 よく考えてみると、ゆうたんの時は、1か月まで、私がいれていたような・・・。私は見ていて、記憶がよみがえって、すごくよかったです。沐浴のとき、赤ちゃんのおなかの上に、ガーゼをおく・・・そんなことしてました。思わず家に帰って、ゆうたんの時の写真見ちゃいました。

 つれあいも、私も、この教室は参加してよかったと思っております。ゆうたんの時の経験があるとはいえ、記憶がなかったので。復習できました♪これから、ちょっと、時間があるときに、少しずつ出産にむけて、復習しておこうと思います。

 ほんとうに、ゆうたんの時とちがって、慣れてしまっているせいか、あんまり出産準備していません。季節が真逆なんで、少し洋服を準備したくらいなのです。12月の中旬に産婦人科で母親教室を受けたら、完全に準備モードに入りたいとは思っていますが、運悪く、仕事が多忙・・・。もっと、お腹の子も、ゆうたんも、もっと構ってやりたいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

マタニティーマーク

 妊娠してもらったもの、母子手帳とマタニティーマークです。

 以前、ゆうたんを妊娠していた頃もあって、存在は知っておりましたが、その頃は市町村役場ではもらえなかったです。今回は、もらっちゃいました。

 で、早速、私、通勤用バックにつけています。効果は少しあるようです。気がついた人は、電車で譲ってくれることもあります。今は結構お腹大きくなってきたので、バレバレなんですが、悪阻が酷いとき、このマークをみて譲ってくれた高校生もいてくれて、本当に涙でるくらいうれしかった。

 でも、基本的にはあまり認知されていないようですね。少し貧血があるので、本当にきつくて譲ってほしいとき、譲ってくれないなんてことがあります。でも、もともとあまり期待していないので・・・。あくまで、善意。譲ってくれたらラッキーとくらいにしか考えていません。

 この人妊婦っぽいけど、席譲ったほうがいいかどうか判断するときにはこのマタニティーマークいいですよね。この前は、若い女性が、『ごめんなさい、気づきませんでした。もっと早く譲るべきでした・・・』と言って、席を譲ってくれたこともあったので。

 本当は、つけることに少し抵抗もあったのですが、今回は妊娠中、つけて過ごしてみようと考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

安産祈願…戌の日・腹帯ナドナド

 090821_213243 昨日は、宇美八幡宮に安産祈願に行ってきました。5千円の初穂料でいただいたものは、こんな感じ。手ぬぐいと、お守りetcと、エコバック。これに、私は、腹帯を買いました。
090821_212753お腹はこんな感じです。う~ん、ゆうたんの時より、少し出ているような・・・。

 090821_212811 昨日は戌の日なので、 早速、おふろあがりに、腹帯つけてみました。妊婦らしいお腹にますますなってしまいました。基本、夏は暑いので、毎日つける気にはなりませんが、縁起物なので、戌の日にでも巻くことにしましょう。
 ※ちなみにゆうたんの時にこの時期に、ガードルの形のものをみにつけていました。それは、冬で寒かったので、冷え防止のためにです。ゆうたんの時と季節が真逆なので、何かと困るなぁ。これから、マタニティ用の仕事用の服どうしようかな・・・。でも、ゆうたんの時は、最後は全然腹帯なんかつけてなかったです。暑かったですもの。

 ま、そんな感じで遊んでますが、今日は、当然暑いので腹帯つけていません。秋になっ090821_213326て涼しくなったらつけますよ。冷え防止に。

  ちなみに、この写真は、昨日持ち帰った石です。大切に飾っています。お守りと一緒に、お腹の子を見守ってほしいですね~confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

安産祈願

 妊娠5か月に突入しました。今日、実は遅ればせながら、夏休みを夫婦ふたりで取得。安産祈願に思いついて出かけました。

 じつは、ゆうたんを妊娠したときは、つわりがひどく、とてもいける状況ではなかった。今回はそれに比べると、行く気満々。私自ら車を運転して、安産祈願で有名な『宇美八幡宮』へ出かけました。

 今朝思いついて、ゆうたんを保育園に連れて行ったあとに、戌の日を調べたところ今日だと判明。慌てて、でかけたので、腹帯なんてもっていかず・・・。事前に『宇美八幡巫女日記』読んどけば、よかったのに、思いつきで夫婦で動くので、大変なんです。

 そもそも、戌の日の安産祈願なんて日本だけの風習、腹帯なんて・・・と思っていましたが、ゆうたんの時に相当難産だったので、祈願する気になった・・・。まぁ、ゆうたん流にいえば、苦しい時の神頼みといったところでしょうか。

 やはり、戌の日は平日でも多かった・・・。受付で腹帯は買って、安産祈願しました。初穂Photo料は五千円、腹帯は三千円でした。

 Photo_2 祈願が終った後、湯の方社(助産師さんの神様)で手を合わせて、『子安の石』をもらっていきました。
 『子安の石』とは、妊婦が石を一つお預かりになることで「安産にあやかれる」と云われているもので、無事出産した後、もう一つの石にお子様のお名前を書いて2つで奉納するというもの。ゆうたんを妊娠した時は、私の両親に石をもって帰ってきてもらって、出産して1年くらい経ったときに遅ればせながら。もらった石と一緒にゆうたんの名前を書いて奉納しました。

 何も考えず、大きさと色で選んで持ち帰った石は、大阪の方が書かれたもののようで、1月下旬生まれの男の子のものでした。ゆうたんの時の石も7月生まれの男の子のものだった。今回も男の子かもしれませんね。

 思いつきで出かけた安産祈願でしたが、なかなか、いい気分転換になりました。でも、今日は暑かった・・・。今から、ゆうたんをお迎えに出かけてきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

お腹の中に・・・

 ゆうたんが、私の妊娠をどう受け止めているのか・・・実際よく分かりません。はじめ、私の妊娠が分かったあたり、またつわりがきつかった時期は、とても大荒れでした。気持ちが安定せず、『かなしい~』と言って泣くこともありました。

 最近は、私のお腹を触りながら、『ママ、お腹の中に赤ちゃんがいるね~。赤ちゃん。おにぃちゃんだよ~』とお話していることもあります。少しずつ現実を受け入れてきているのかもしれません。一時期に比べれば、かなりご機嫌な状態です。でも、本当にお兄ちゃんになることを理解しているかはよくわかりません。私のお腹は少し膨らんできているものの、胎動があるわけではないので、赤ちゃんの存在について、多分よくわかっていないような・・・。

 『ママのお腹の中に赤ちゃんがいる。ゆうたんのお腹の中にもいるよ~』と意味不明なことも言っています。いるような錯覚を起こしているのでしょうか。

 『ママ お腹の中に女の子がいるね~』といってみたり、『弟がほしい・・・』といったり・・・、ゆうたんの心の中を少しのぞいてみたい感じです。

 私が妊娠したのかよく分からない頃、ゆうたんは、不機嫌で、『どうして怒ってるの』と聞いたら、『いもうとが気に入らない・・・』という発言したのが少し気になっています。ゆうたんは、お腹の中を透視できるのでしょうか。単なるあてずっぽうなんでしょうか。

 そのうち、判明するでしょうが、確率なんて50パーセントなんで、私はね男の子でも女の子でもいいです。ゆうたんがきちんと、受け入れて、仲良くしてくれたら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧