育児(成長編)

2011年5月30日 (月)

てるくんの成長

 日々の生活のドタバタで、てるくんのこと・・・あまり面倒みてやれていないような気がしています。いつも、心の中でゴメンね~って思っています。でも、彼は、ニコニコ。いい子です。

110507_135341  てるくんは、ゆうたんと違って、本は大嫌いです。おでこがはっていて、顔はすごく聡明そうなんですが、実のところは、頭よりも体で勝負というタイプなのかもしれません。
 でも、最近、『がたんごとん』の絵本を読むと、最後の「がたんごとん さようなら』のところで、ケタケタ笑いながら、バイバイのしぐさをして、大うけです。拍手やバイバイ、タッチといったしぐさをよくするようになりました。

 また、何となく、こちらが話している言葉の意味を理解してくれて、『ゴミを捨ててきてね』というと、ゴミを捨てたり、『片付けてね』と言ったら、少し片づけをしてくれようとしてくれます。歯みがきもしようとして、歯磨き粉を自分で出して、手や顔中を真っ白にしたりと、お茶目な面ももっています。脱いだものは必ず洗濯機の中に入れようとしますが、チビすぎて、届かずいつも、泣いて入れてくれ~と訴えていたり・・・そうなんです。基本的に、お片づけが大好きなんです。

 食後も必ず自分の使った食器は流しのところに運んでくれるし、オムツを替えたら、必ず脱いだオムツはオムツを捨てているバケツのところに持っていってくれるし・・・。本当に、私の行動をよく観察してくれていて、嬉しいほどに実行してくれます。しかも、食事もあまりこぼさずに、スプーンで食べてくれるし・・・。ただ、最近甘えん坊ぶりが発揮されつつあって、食事の途中で、わざと私にスプーンを渡して、『ママ~、マンマ』と言って、食べさせてほしいと自己主張しています。そんなことくらいは簡単なので、しっかり甘えさせて、食べさせてやっていますが・・・。

 ゆうたんと比べて、少し言葉が遅い気もしますが、というか、多分、ゆうたんが言葉に関してはかなり早かったのであまり参考にならないんだと思うのですが、てるくんはてるくんのテンポで、少しずつ語彙が増えてきているような気がします。

 何よりも、さすが次男だなぁと思うのは、ちゃっかりもので甘えん坊なところ。兄ちゃんにくっついていながら、兄ちゃんが癇癪を起こしたところで、心配そうな顔をしつつもちゃっかり欲しいものは手にいれていたり・・・。なかなかしたたかだなぁ。そして、上手に私に甘えているし。だから、末っ子が可愛いんでしょうね♪

 でも、言い訳でなく、ゆうたんも、いろいろありますが、本当に可愛いと思う瞬間はたくさんあるんですよ♪
 男の子2人は、体力的には相当に疲れますが、可愛くて、楽しいときもたくさんあるので、心が救われるときも多々あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

はじめの第一歩

 今日は、てるくんの話を書きます。

 1月中、中耳炎や風邪、インフルエンザで、ずっと病院通いが続いていたてるくんですが、やっと、月曜日に小児科で大丈夫かな・・・といわれました。夜出ていた微熱も、落ち着いたので・・・。もっとも、まだ、鼻水たらして、少し咳しているので要注意なんですけどね。

 そんなてるくん、月曜日に小児科のプレイルームにて、好き勝手遊んでいたら、夢中になりすぎて、1歩、2歩、3歩と手すりから私のところにとぼとぼ歩いていました。満面の笑みを浮かべて・・・。

 自分で、勝手に立てるようになり、よく立ったまま、手を離して拍手したりしているので、近いうちやると思っていたんですが、急な出来事でびっくり。とはいえ、ゆうたんのように満を持して歩き出したわけでないので、この1回しか、私は数歩歩いたのをみていません。てるくんは、1歩歩いてよくこけているので、練習しながら、少しずつ歩けるようになるんでしょうね。ゆうたんのようにいきなり50歩くらい歩き出すようなことはないようですね。

 てるくんが最近できるようになったことは、バイバイと拍手。ま、それなりの成長なんでしょうね。バイバイに関しては、時々、やらないこともあるので、まだ気まぐれなんでしょう。何故かパパにはしないんです。

110113_1453041  毎日、何故か、よくテレビの前に立って、いたずらしています。テレビの下にあるものをポイポイ投げたり、自分で場所を変えてみたり・・・そんなことしながら、手をテレビから離してみたり、座ってじっくりいたずらしてみたり・・・。なかなか目が離せなくなってきました。1分くらい目を離していると、部屋は飛んでもなく散らかされています・・・。

 私が見に行かないと、自分から、ちらかした本を片手に、見て見て・・・という感じで伝い歩きしながら、私に接近してくれます。

 『てるくん・・・、駄目でしょ』といわれるたびに、にっこり笑みを浮かべて・・・ケタケタ声を上げて喜んでいます。多分、こんな風にいたずらしながら、歩く練習しているんでしょうね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

10か月健診

 気がつくと、てるくんの10か月健診を受けれる期間も、もう終わりになりつつあったので、小児科に受診するついでに・・・昨日(金曜日)受けました。

 とても寒かったためか、たまたま人が少なくて受診しやすかった。。。ただ、昼寝を中断させて、無理やり起こして連れて行ったので、不機嫌で、最初は洋服脱がせた時に激泣きされてしまい、私にしがみついたり・・・大変でした。とはいえ、最後はすっかり落ち着いて、先生にニコニコしておりましたが・・・。

 健診では、身長・体重・頭囲・胸囲を測り、股関節等からだのチェックをしてもらいました。

 相変わらず、てるくん、身長、体重ともに小さめでした。同時期の男の子の平均値と比べて、3.5センチくらい小さいし、1キロくらい軽い。ただ、体のバランスはすごくいいみたいです。でも、全然心配しなくてもいいようです。同時期のゆうたんは平均値を大きく超えていたので、全く対照的です。

 でも、全然悪いところはなく、すごくいい状態と褒められました。
 ゆうたんが発達障害ということもあったので、てるくんについて気になる点をいろいろと聞きましたが、全然心配しなくてもいいといわれました。先生の見た感じでは、てるくんに関して、問題ないとのこと。ゆうたんのことで、やはり私自身、過剰に反応しているのかもしれません。

 ただ、ゆうたんの10か月健診のときと違って、写真撮影なんかはなかったなぁ。季節柄、インフルエンザやら風邪やら・・・大変なんでしょう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

歯の生え方

 以前にも少し書いたかもしれませんが、てるくんの歯は、9か月で下の前歯が1本だけでした。ゆうたんも生えはじめは10か月と遅かったので、あまり気にしていませんが、歯が生えると、歯の手入れが必要となるので、大変になってきます。

101217_083954_2  あまりに、てるくんが、授乳中に噛んで痛いので歯茎を触ってみると、やっと、下の前歯がまたまた生え始めています。これで2本目。ゆうたんは私を噛むことはなかったのに、てるくんは、私が『いたいいたい』というのが楽しいのか、授乳が終ったサインのように噛み付いてくれるので痛い・・・。

 てるくん、毎日、唇をブーブー震わせて遊んでいるのですが、歯が生えてきて、違和感があるのかな・・・。それと、よだれがそれなりに出ています。ただ、ゆうたんの時に比べて少ないような気がします。てるくんは、食事以外では、スタイが必要ないくらいなんです。
 赤ちゃんのよだれは、殺菌作用があるから、出た方がいいといいますが・・・そのせいなのか、てるくんはよく風邪ひいているしね♪

 ちなみに、実は、ゆうたん、未だに時々よだれが出ます。特に集中していたり、緊張状態のとき・・・。発達障害の子にはわりと見られることらしいです。咀嚼力が弱かったり、感覚統合の関係で・・・。特に、ゆうたんは鼻炎をもっているので、なりやすいようです。心配しすぎても始まりませんが、耳鼻咽喉科や歯科の先生に相談してみようかな、と思っているところです。(私自身は、あまり心配していなかったのですが、ピアノの先生によだれのことを指摘されて、気にしているゆうたんが可愛そうになってきたので・・・。)

 てるくんに関しては、ゆうたんを経験しているので、基本的には、あまり驚きもなく、どうにかなる・・・とお気楽に考えてしまっています。
 てるくんの歯は、これから少しずつ、生えていくのかな。ゆうたん同様、もう少し生えてきたら、歯医者に定期的に連れて行って、みてもらう予定です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

やっと・・・

 てるくん、11月に入ったあたりで、また鼻水ズルズルとなってしまい、小児科へ通院をしていました。1週間ほどして落ち着いたので通院しないでいると、発熱。

 38.7度まで発熱したところで、座薬で解熱。それ以降、発熱はしていませんが、先生が念のためといって、現在にいたるまで、小児科に通っています。明日も通院予定。

 で、日曜日何気にてるくんが私の指を噛んだところ・・・あれあれ、やっと下の前歯が生え始めました。もしかして、歯が生えるから発熱したのかもしれません。

 ゆうたんは10か月になってからの歯が生え始めたので、ゆうたんよりは、少し早かったけれども、なかなか遅い生え始めです。てるくん、6ヶ月くらいから、ずっと、ブーブー言い続けて、口の中がむずむずしている感じだったのに、結局のところ、ノンビリしていました。

 ただ、伝い歩きが段々上手になってきていて、私の足に手をおいて、歩いてます。好き勝手なところにいって、毎日いたずらしている。そんないたずらも、2人目の余裕なのか、かわいくてたまらないと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

気がつくと・・・

 てるくんには申し訳ないと思いつつ、いつも、ゆうたんに気をとられてしまっている毎日です。でも、てるくん、実はすごいんです。

101025_151940  はいはいは8月の暑い盛りに(5ヶ月の頃)、つかまりだちは9月中ごろ(てるくんが7ヶ月終わりの頃)から気がつけばしていたし、つたいあるきも10月にはしていた。気がつくと、はいはいも正しい形のものもしているし、はいはいからお座りもらくにしていて、引き出し開けていたずらも始まっているし・・・

 さらに、後追いも盛んになってきて・・・毎日大変になってきております。

101025_152123  ゆうたんの時は、初めてのことばかりで感動が大きかったけど、てるくんはゆうたんよりも、速いスピードであっという間に成長。言葉にしても、『ママ』と話しているし、私の口真似(てるくんが、私の髪の毛を引っ張ったときの反応)して、『いたい いたい いたい』って言っている。

101025_152141  糸巻き巻き・・♪の歌にあわせて、手遊びらしきこともしているし・・・。これは、ゆうたんには見られなかった行動。どうやら、真似は上手にできるみたい。すごい♪

 ここにのせている写真は、私の実家でのものですが、好奇心旺盛に、いろいろと動き回っていましたが、最後は、私の方にやってきて、私につかまりだちしておりました。

 ゆうたんは、私に向かってつかまりだちやつたい歩きはしてなかったのですが、てるくんは、必ず人に向かってやってきます。こんなところも、兄弟で違うんだな・・・。

 きつくても、てるくんにニッコリされると、ついつい私も負けて、いつも抱っこしてしまっています。笑顔にいつも癒されております。

 てるくんは、ゆうたんの同時期と比べて1キロ以上軽いのですが、やはり、長時間抱くと、腰に痛みが・・・。アラフォーママはやっぱりちょっと無理がきかないので、つらいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

人見知りと後追いと夜泣き

 てるくんは現在7ヶ月ですが、最近、ひどくなったものなんです。この3つ。

 人見知り・・・6ヶ月の頃なんとなくあったんですが、まだ、私の姿が見えていれば大丈夫だったのに、最近、実家近くの知人に抱かれた途端、激泣きしちゃいました。いきなり、抱かせたのが失敗だったのかな・・・。もう少し、てるくんにきちんと説明して、じっくりと抱かせていけば大丈夫だったかもしれませんが。
 ちなみに、私の両親は、週3回以上みているので、大丈夫ですが・・・。
 暫くは人見知りってそんな感じなんでしょうね

 それと同様に、後追いもしています。多分、人見知りと同じ感じなんでしょうね。ハイハイが上手なためだと思います。安心していられるのは、てるくんが寝ているときだけです。それ以外は、私の姿が見えないと、遠慮なく、どこにでもついてきてくれます。料理等の家事をするのが大変になってきました。

 夜泣きも始まりました。たいてい、2時~3時くらいに・・・。せっかく涼しくなってきたのに、眠たい日々に逆戻りです。

 でも、これは、てるくんが、成長している証拠なんで、あたたかく見守りたいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

ゆっくりしようよ、てるくん

 てるくんは、身長や体重は多分、平均値より下でチビだと思いますが、身軽です。

 そのためか、首のすわりや寝返りは3ヶ月で完璧になり、5ヶ月終わりでずりばいもはじめました。6ヶ月でかなりの高速はいはい、お座りも6ヶ月からなんとなくできるようになっています。(もっとも、まだ不安定なので、本人がする気があるときしか、座らせていません。また、本人は、お座りよりもはいはいして動き回る方が大好きなようです。)

100913_125525  そんなてるくん、まだ、7ヶ月だというのに、最近、はいはいに飽き足らず、私につかまったり、テーブルや柱など、手を伸ばして、自分からお座りしようとしたり、場合によっては、立ってしまいます。いわゆる『つかまり立ち』状態です。

 まだまだ、安定感がないので、立った瞬間、よろっときて、こけそうになるので、目が離せません。

 つかまり立ちの写真は危険なので、その直前の写真です。

 この後、網戸に向かってやっていたので、危険で、私の方に注意を向けて、私の体に向かって、立たせてあげました。

 そもそも、つかまり立ちって早い子でも、8~9か月ではじまるということなので、てるくん、やっぱり只者ではないようです。

 で、写真が何故オムツがまるみえ状態になっているかというと、てるくん、オムツをかえている最中に、すぐ脱走してしまうので、こんな格好になってしまうんです。

 洋服も、そろそろ上下分かれたものの方がよくなってくるかもしれません。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

ずりばい

100809_191322  てるくんについて、今日は書きますね・・・。
 正直、てるくんは、かわいい♪
本当に、この子がいて、よかった・・・と感じています。

 ゆうたんももちろんかわいいんです。

 でも、ゆうたんだけを相手にしていたら、きっと私、もっとイライラしていたと思うので。

 てるくんは、いつでも、笑顔を振りまいてくれます。ゆうたんにも、私たちにも・・・。天真爛漫な笑顔にいつも救われています。そして、いつも、優しく、語りかけてくれる。私が、イライラしそうになるとき、いつもたしなめてくれるのは、てるくんなんです。

 そんなてるくんが、最近、ずりばいが上手にできるようになってきました。

 とはいえ、まだまだ、へたなんですが、前にいくコツをつかんだようで、結構な勢いで進んでいます。

100812_143411  オムツ替えをして、すぐに寝返りをして、

うれしそうに、手足を屈伸のような格好をして、(いつも、この不思議なポーズの写真を撮りたいと思いつつ、なかなかとれないんです。今回も失敗)

 匍匐前進のポーズ

100812_143424 あっという間に、近づいてきました。

 で、ちなみに、このあと、手前にあるてるくんが、広告の紙をやぶってつくったゴミを拾って口にいれようとしたんで、回収しました。

 前に進むだけでも、楽しいようで、いろいろと毎日試しています。時々、腰も上げて遊んでいます。普通のハイハイもしそうな勢い。ただ、何せ、まだ腰が据わっていないんで、多分、まだしないとは思いますが・・・

 ゆうたんと比較してはいけないかもしれませんが、てるくんは、小粒なためか、動きが機敏で、すごく運動神経がよさそうな予感です。寝返りもずりばいも、ゆうたんより2ヶ月ほど早いような・・・。

 ママは、ゆうたんが散らかすテンポについていけず、部屋の片付けが十分に行き届いていないので、すごく怖いんです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

発達障害の診察について

 ゆうたんの成長について、時々、あれっと思いながら、一年間ほど過ごしておりました。ただ、ゆうたんには、長所もたくさんあって、その疑念を消してしまうほどのものだったため、診察にいきつきませんでした。

 ただ、以前いた職場で多少、発達障害についての知識を得ていたため、ひょっとしたら、という思いはずっとありました。なので、てるくんが誕生して少し落ち着いたあたりから、手当たり次第に、図書館から関連する本を借りて読み漁っていました。そして、市の発達障害センターのようなところにメールで相談したところ、担当区域の心身障がいセンターで診察を受けた方がよいとの回答を受けて、受診することとなりました。

 ゆうたんは、保育園がイヤだといっているので、診察にいく際には、ゆうたんがなかなか、面白い子なので、遊びたいと言っている人たちがいるので、一緒に遊びにいくと説明しておきました。いろいろと言葉がわかってくる年齢なので、説明は難しいと思ったので、この程度にしておきました。

 つれあいは、仕事がかなり忙しいにもかかわらず、職場の了承を得て、1日休んでくれました。そのためか、バスに乗ってのお出かけが楽しかったようで、よろこんで出発。てるくんは、私の実家にあずけました。てるくんにとっては、おっぱいがほしいのに、飲めずの受難の半日だったようですが・・・。(てるくんは、ミルクは絶対拒否する完全母乳の赤ちゃんなんで)

 8時に出発、9時にセンターに到着。そこから、受付をすませ、発達相談員が、私たちからゆうたんの家や保育園の様子をヒアリング。また、ゆうたん、遊びながら知能検査のようなものをうけ、発達の状況を把握されていきました。
 この年齢で、知能検査は難しいので、話をしながらという形です。言葉や数字を復唱させたり、言葉での説明を求めたり、絵を描かせたり、折り紙をしたり、積み木をしたり、ゆうたんには楽しかったようですが、少し気が散ってしまって、途中から全然本気モードでなくなって、あれあれって感じになっちゃいました。1時間以上、かかりましたが、ゆうたんは、楽しそうでした。

 次に、場所を変えて、ドクターによる診察。私が今までの生育歴を説明している間は、看護士さんが、ゆうたんと遊んでくれました。そして、ジャンプやケンケン、走ったり、線の上を歩かせたり・・・。実は、この検査の結果が目に見えて、最悪・・・。ドクターは、肢体に障害があるかも・・・と思って、結構いろいろ触って調べてくれました。そして、若干斜視があることも判明。1時間ほどの検査も、ゆうたんには、遊んでいるような感じで楽しかったようです。決して、みんな怒らないし、優しいし、どちらかといえば、褒めてくれるし・・・。

 そんな感じで検査を終えた結果、ハイファンクション(高機能)の発達障害だと判定されました。要は知的障害はないけども、成長にかなり凸凹があるということで、運動能力が50%程度しかなく二歳児並といわれたのは、少々ショックでした。覚悟していても、数値ではっきり言われるのは、わりとショックなものです。少しは勉強していたので、いろいろと想定していたのに、やっぱり、親だからなんでしょうね。

 それから、療育についての説明を受け、今年は、月に一回、受けることになりました。

 診察については、こんな感じで、センターを出たのは、12時過ぎでした。結構時間がかかりました・・・

 はっきり、療育でゆうたんの機能が改善するかは分からないそうですが、改善するケースは割りとあるようです。ただ、障害なんで、この特性とは一生彼は付き合っていかなければならない・・・。親としては、できるだけ現実を受け止め、ゆうたんにとって、少しでも生活しやすい環境にしていくことを考えていくことが大切なんでしょうね。

 ゆうたんが発達障害と判定されたからといって、特段、日々の生活は変わっておりません。ただ、ゆうたんの行動や考え方に、説明が少しずつ説明がついてきたというだけです。

 今まで、基本的には、家ではよほどのことがない限り、怒らなかったので、ひどい癇癪をおこすようになったのは、てるくん誕生の少し前あたりからです。赤ちゃんがえりかな・・・と思っていましたが、4月になって、環境の変化が大きくなってから、少しパニックを起こすようになったような状況だったので、比較的、早く受診までいきついて、よかったのかなと思います。ただ、これからがいろいろと考えなければならない状況がたくさんありそうです。保育園での生活が少しでも楽になってほしいと考えて、診察から2日後、保育園に事情説明をしに出かけました。その話は後日、また書きます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧